ブレンディッド・ラーニングでスムーズな人材育成を!

eラーニング人材教育社員研修集合研修

eラーニングは時間的負担が少なく、受講者にとってメリットが大きい学習方法です。また、eラーニングと対面研修を組み合わせたブレンディッド・ラーニングでは、より効果的な社員研修を実施できます。そこで今回は、eラーニング、および、ブレンディッド・ラーニングを用いた人材育成についてご紹介します。

eラーニングで人材育成のコストや手間を削減

対面式の社員研修は時間やコストなどの負担が大きくなる傾向があります。

eラーニングは、集合型研修では難しい学習法の実施や管理ができ、高い効果が得られることから導入を進める企業が増えています。具体的には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

場所を問わず使い慣れた端末で学習できる

eラーニングは場所を問わず学習ができるため、対面型の研修のように研修会場への移動に時間を費やす必要がありません。また、スキマ時間を活用して学習できることから、日常業務に追われる社員にとっても負担が少なく、取り組みやすいといえるでしょう。さらに、使い慣れたパソコンやモバイル端末を利用できるため、新しいデバイスの使い方を覚える手間も不要です。

研修コストの削減や学習管理ができる

eラーニングには、受講者だけでなく企業にとってもメリットがあります。

まず、会場の費用をはじめ研修にかかるコストを大幅に削減できる点です。また、各地にある支社・支店の全従業員に、学習の機会を均等に提供できることも見逃せません。受講者の出席率や成績といった学習状況は、システムで一括管理できます。

時間やコストをシェイプアップ!Cloud Campusで人材育成を効率化」では、eラーニングを利用してより効率的に学習するためのポイントを解説しています。

eラーニングで効率的に学習するには?

eラーニングを活用することで、効率的な学習が可能になります。そのポイントを見ていきましょう。

市場の変化や現場の動きに迅速に対応できる

新製品の開発や、マーケットの変化のスピードが非常に速い昨今。企業もそのスピードに対応しなければなりません。そのためにはタイムリーな内容の研修を行い、人材を育成する必要があります。

しかし、従来の集合型研修では準備に手間や時間がかかるため、どうしても研修内容と現場の動きに時間差が生じてしまいます。それがeラーニングなら、教材さえ用意できれば必要なスキルをすぐに学べるのです。

得意・不得意を分析して効率的に学ぶ

eラーニングでは、受講者が自分の得意分野や苦手分野、理解度を分析しながら学習することができます。そのため、集合型研修に比べて効率的な学習を各自で行えるのです。また、受講後に理解度を確認することで、知識や業務スキルの習得だけでなく、社員個人の意識変革にも役立てることができます。

より理解が深まるブレンディッド・ラーニングのメリットとは?

ブレンディッド・ラーニングは、eラーニングと集合研修を組み合わせた学習方法です。両者の利点を活かすことで、より効率的に理解を深めることができます。

ブレンディッド・ラーニングは予習・復習に最適

ブレンディッド・ラーニングの活用例としては、集合研修前にeラーニングで予習をするという方法が挙げられます。これは、事前に社員の知識を一定レベルに引き上げておくことで、スムーズに社員研修をスタートするのが狙いです。また、集合研修のあとにeラーニングで復習し、知識の定着を図ることもできます。

そして、「受講者にも企業にもメリットがあるeラーニングの上手な使い方」「人材教育の課題を解決! eラーニング 導入から活用事例」では、eラーニングと集合研修のメリット、デメリットについて解説しています。

人材育成はeラーニングとブレンディッド・ラーニングを利用する

eラーニングには、受講者にも企業にも多くのメリットがあります。さらに、ブレンディッド・ラーニングは、eラーニングと集合研修それぞれの強みを活かすことで大きな相乗効果が期待できます。ぜひ、人材育成に活用してみましょう。

ITの専門知識なしでeラーニングのコンテンツを内製化できる「Cloud Campus(企業向け)」については、こちらをご覧ください。

参考:eラーニングの6つの活用メリットと4つのデメリット|ITトレンド (2019/12/5 確認)

 

 

Cloud Campusコラム編集部

この記事を書いた人

Cloud Campusコラム編集部